2010年02月07日

ペスカドーラ町田、花巻に完勝も・・・

一方優勝の可能性はなくなったものの、2位死守に方向を切り替えたペスカドーラ町田は本日ステラミーゴいわて花巻と対戦し、6-3で勝利しました。

しかし、金山選手が通算8枚目の警告を貰ってしまい、残るホーム2試合、出場停止になってしまいました・・・

今シーズンホームで無敗の町田。残る2試合、府中、湘南と順位的には下のチームですが、東京ダービー、境川決戦と気を抜けない戦いが続きます。私も来週14日の東京ダービーは参戦の予定です。
posted by TM at 21:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fリーグ第24節 府中対神戸 感想

昨日行われましたFリーグ、 東京府中アスレティックFC対デウソン神戸の試合の感想を。

チケットを前日夜に前売り価格で押さえ、この日を迎えたわけですが、仕事が休みと言うこともあり、9時ごろに一度目が覚めたものの再び眠りに付き、9時半、10時、11時、11時半と焼く30分後とに起きては眠りの繰り返しw11時半にキッチリ目が覚めたものの、体がなかなか外に出て行かず、ようやく家を出たのが12:20。横浜線で長津田、長津田から駒澤大学まで東急田園都市線で向かい、会場である駒沢屋内球技場に到着したときにはちょうど試合が始まる時間でしたw

ここ3試合で2勝1引き分けと負けなしで息を吹き返しつつある府中と良い試合をしながらなぜか勝ちきれない神戸の試合。この試合は両チームの現在の状況がそのまま出る試合となりました・・・

序盤から神戸が押す展開が続き、8分にキックインから山蔦選手のミドルで幕を開けたこの試合。府中はこの日も攻めるもなかなか点が奪えない展開が続きます。しかし、府中は残り2分を切った所でタイムアウトをとり体制をたて直すと、前半終了約10秒前、小山選手からのボールを清水選手に当たって方向が変わり、これが神戸のゴールへ吸い込まれます。前半終了間際に府中が1-1と同点に追いつき、それまで静まり返っていた会場も盛り上がりを見せたまま前半を終了します。

このまま府中が勢いに乗るかと思いきや、後半立ち上がりに再び神戸が猛攻を見せます。府中は立ち上がりからパスミスなど試合にうまく入っていけない所を西谷選手、山田ラファエルユウゴ選手に立て続けに押し込まれ、後半開始から1分で1-3と府中は2点を追いかける展開となります。

しかし、3試合負けなしの府中はここから反撃に出ます。直後の22分、神戸のキックインからのボールを奪った小野選手が決めて2-3と1点差に迫ると、35分には再び小野選手がGKの位置を良く見て落ち着いて決めて3-3の同点に追いつき、会場もこの日一番の盛り上がりを見せます。

勝ち点3を狙う神戸は残り3分を切った所でタイムアウトをとり、直後から伊藤選手がユニフォームを着替えてパワープレーを開始します。しかし、スコアはこのまま動かず、3-3で終了となりました。

リードをしながら守りきれない神戸の弱さがこの試合も見事に露呈した形となりました。比嘉リカルド監督に代わって解禁されたパワープレーにも点が取れそうな気配はありませんでした。

一方府中はこれで4試合2勝2引き分けと4試合負けが無く、着々と勝ち点を積み重ね、今日花巻が町田に破れたために10節、代々木セントラルで最下位に転落して以降14試合ぶりに最下位を脱出しました。内容的には小野選手の2得点はもちろん、3失点はしましたが石井選手の好セーブもありました。

まあしいて苦言を呈せば、相手が同点の場面でパワープレーで勝ち点3を狙いにきているのですから、こちらもタイムアウトを取って逆にこちらもパワープレーで勝ち点3を狙いに行くくらいの事が出来れば良かったかな、と思います。おそらく上位3チームならパワープレーで勝ち点3を狙ってきているはずです。上位に行くなら勝ち点1で満足していては駄目です。

観客は1118人、外はこの冬一番の冷え込みと言われる中でこれだけ集まるようになったのは負けなしと好調なチームだからでしょうか。

試合後は恵比寿までバスで行き、渋谷まで埼京線、渋谷から池袋まで副都心線(しかも東新宿で急行の通過待ちの各駅停車と言う拘り様w)、池袋から東武線で大山へ行き行き付けのゲームセンターで夜まで遊び、京王はサッカー日本代表戦で混雑していると思い、小田急ロマンスカーで町田経由で帰宅しました。
posted by TM at 20:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小田急、10000形HiSEの運転を3/1から再開

小田急では、7000形LSEと10000形HiSEについて、不具合が発生した為一時運転を見合わせていましたが、このうち10000形HiSEについて、3/1より運転を再開することを発表しました。

同型の車両を使用している長野電鉄の1000形「ゆけむり」については2/23までの間の運休が発表されていますがその先については現在の所発表されていません。小田急の7000形同様、早期の復帰を願いたいですね。

posted by TM at 16:23| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京王、6000系8両編成が2/21で営業運転を終了へ

京王では、来年3月末で本線、井の頭線の全車両を省エネルギー化(VVVF化)対応の車両に統一すると発表しており、これにより7000系は全車両のVVVF化、6000系と3000系は全車両が廃車となりますが、2/5に京王は6000系の8両編成の車両について、2/21を持って営業運転を終了すると発表しました。これに伴い、2/13(土)、2/14(日)、2/20(土)、2/21(日)の4日間、新宿〜高尾山口間を10両編成でヘッドマークを掲出して優等列車で運転をすることも合わせて発表されています。

今回4両編成1本(動物園線)と2両編成2本(競馬場線)の車両については2010年度末まで残ることは発表されていますが、動物園線は2km、競馬場線に至っては900mと短く、本線を走る機会はこれが最後と行って良いと思います。

一応全車両をつなげて8両編成で運転することも不可能ではありませんが、4両編成の車両が5扉車両で、新宿駅の2番線、3番線ホームに入ることが出来ない(柵がある)為、1番線にしか入れず、走るとしたら各駅停車か優等列車でホームを1番線に変更してやるかのどちらかですが・・・(まあ京王ならそれでもやってくれると信じていますが)

今回のこの運転は高尾山口6:47発の急行新宿行きから新宿〜高尾山口間を1日8往復するので、ほぼ終日に渡って乗車、撮影が可能になります。ちょうど昨年12月に更新されたケーブルカーにPASMOを利用して乗車してみるのも良いのかもしれませんね。

最も、既に個人的には日程の綱引きが始まっていますw2/14はひたちなか海浜鉄道の新塗装のお披露目がありますし、これに行くなら13日はツーデーパスを利用してどこかに行きたいと思いますし、
20日は仕事、そうなるといけそうなのは最終日の21日しかないことになります・・・

21日は何も予定が無いのですが、最終日と言うこともあって混乱が予想されるので、本音を言えばほかの日に行きたいのですが、そうなると13日に行って14日は乗車券で勝田まで行くか、などいろいろ考えています。
posted by TM at 16:08| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUMA CUP 第15回全日本フットサル選手権大会 1時ラウンド組み合わせが決まる

PUMA CUP 第15回全日本フットサル選手権の日程と1次ラウンドの組み合わせが決定しました。

1次ラウンドは、3/5〜3/7に大阪中央体育館と神戸グリーンアリーナの2箇所に3グループ12チームずつ別れて3日間で3試合を行い、勝ち点制で勝利:3点、引き分け:1点、負け:0点が与えられ、、各グループの1位(計6チーム)と2位の中で成績上位2チームの計8チームが3/12〜3/14に代々木競技場第一体育館で行われる準々決勝へ進みます。

準々決勝、準決勝、決勝は40分で決着がつかない場合は前後半各5分の延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦となります。3位決定戦のみ、40分間で決着がつかない場合は延長戦は行わず、PK戦によって勝敗を決定します。

今回、名古屋オーシャンズはAFCフットサルクラブ選手権(イラン)に参加する為今回Fリーグ勢では唯一不参加となります。この他、各地域より9チームと昨年度の予選参加数の上位6チーム(関東、関西各2チーム、北海道と東海が各1チーム※このうち東海の1チーム分は名古屋オーシャンズの不参加分の空き枠)の計24チームでタイトルを争います。前年度王者のFUGA TOKYOが関東予選で破れ、早くも波乱の幕開けとなっているこの大会ですが、今回もFリーグ勢が9チームあるのに対して決勝トーナメント行きの席は8つ。仮にFリーグ勢で上位を占めたとしても最低1チームは確実に1次リーグで敗退することになります。町田や府中がそうならないことを祈るだけですが・・・

今回、東京府中アスレティックFCはエスポラーダ北海道と同組、ペスカドーラ町田は前年度王者、FUGA TOKYOを破って関東地区予選を勝ち抜いたZOTTと同組に入りました。

昨年度、FUGA TOKYOは名古屋オーシャンズを破っての優勝だっただけに、地域リーグと言えども各チームレベルは高く、予選、決勝リーグ共に3日連続の試合となることから、地域リーグのチームがFリーグのチームを破る下克上が十分ありえる大会です。

さて、問題の日程ですが、3/5は平日、3/6はJリーグの開幕戦、3/7は行ってもよいのですが予選リーグと言うことで、決勝トーナメントには代々木ですし行こうと思っているのですが、3/12はJRのダイヤ改正の前日。この日は当初から大糸線と急行能登か寝台特急北陸の乗車を考えており、翌日3/13はJリーグ、名古屋グランパス対川崎フロンターレの試合(豊田スタジアム)があり、当日内の帰宅は時間的に無理なのでムーンライトながらで帰ることになりそうで、そうなると3/14の早朝に都心へ帰ってくることになります。

能登、北陸は最終日になるので、当然指定券は即日完売が予想されます。予選会の結果を見てからではもちろん間に合わないでしょう。かといって先に抑えておいて行かないのでは乗りたい人にも迷惑がかかってしまいます。

最も、能登は車両は変わるものの臨時列車として残りますし、北陸も寝台特急はまだあけぼのや北斗星が残っていますし、寝台特急が全滅するわけではありませんし、キハ52も3/20〜3/22の3日間、3両で臨時列車で動くようですし・・・

定期列車最終日のキハ52、北陸、能登を取るか、
500円で4試合見れるフットサルを取るか。

究極の選択ですw

ちなみに3/12の試合を勝ちあがれば3/13、3/14の試合に自動的に参加することになり、逆に3/12の試合で敗れればこの日でシーズンが終わってしまいます。
posted by TM at 04:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。