2010年05月01日

FC町田ゼルビア、クラブより先日の松本山雅FC戦のお礼と課題が発表される

昨日、FC町田ゼルビアのHPで、先日25日の松本山雅FC戦のお礼と課題が発表されました。

既にご存知の通り、25日の松本山雅戦はゼルビア史上最大の5680人の観客が集まりました。相手チームのサポーターが多く来場することは言われていましたが、それを差し引いてもゼルビアを応援する人が多く集まりました。しかしその一方で、開幕戦を大きく超える人が集まったことで、新たな課題が出てきました。

その時の状況は4/25付けの記事「JFL前期第7節 FC町田ゼルビア対松本山雅FC 感想 5680人と新たな課題」に大体のことは書いてありますので、ご覧下さい。

クラブの記事を見ますと、4/25は

・駐車場は12:20(試合開始1時間40分前)で満車、5分後には公園入り口までの道も車で埋まった
・シャトルバスには1200人以上の利用があった(1台70人乗車と換算すると18台分)
・自転車、バイクでの来場も多く、臨時駐輪場から溢れていた

いずれも過去最大級の利用があったとの事です。(来場者数から考えれば当然ですが)

そして5/2のFC琉球戦に向けての改善点もいくつか発表されています。

・行きのシャトルバスのピーク時の増車と分散乗車の呼びかけ
→松本山雅戦では、13時代に行列が曲がり角を越えてパチンコ屋の先まで伸び、バス3台以上待ちの状態が発生した。この混雑時間帯にバスの本数を増やすと共に、試合開始3時間前の11時からバスは運転しているので分散乗車に協力を、と言う内容。

・公園入り口から公園内まで道の路上駐車を禁止
→シャトルバスの円滑な運行と帰りの便の待機スペースを作る為。

・帰りのバスの混雑分散化の呼びかけ
→どうしても試合終了直後に買える人が殺到し、シャトルバスが混雑してしまう為、公園内にベンチシートを用意し、試合終了後屋台村で飲食をして時間をずらしての帰宅を呼びかけ。

・野津田車庫までの路線バス+徒歩のルートの呼びかけ
→町田、鶴川、淵野辺などから野津田車庫までの路線バスと徒歩のルートの利用の呼びかけ。

。駐輪場を1箇所増設
→壁打ちテニス場を新たに駐輪ペースを増設、駐輪場から溢れて自転車、バイクが止まることによる公園内の歩行者の妨げにならないよう。

・来場者アンケートを実施
→町田市の職員の方によるアンケート調査が実施されるとの事。(どこからどういう手段で何人で来たか、など)

公園内の路上駐車禁止は私が日本平を例として挙げた案の一つでした。シャトルバスを少しでもスムーズに運行する事はそれだけ待ち時間の短縮に繋がりますし、良いことだと思います。車で来場される方には路上駐車のスペースがなくなる分、止められる車の数が減ることになりますが。

シャトルバスへの混雑集中を避ける為の分散乗車や路線バスの利用を提案するのも効果的だと思います。さすがに先日私はあわや試合開始に間に合わない状況になったので、ルートを変更するなり早めに来るなり手を変えようとは思っていますが。

一番有効なのは利用者へのアンケート。これで来場者の実態を把握することで、これまでとはまた違った対応が取れるのではないかと個人的には期待しています。

最後に、横浜線から来られる方で14時キックオフの試合の場合、淵野辺駅北口を12:40に出る野津田車庫行きに乗車、約15分程度で野津田車庫に到着、そこから歩いて15分と計算すると13:10には野津田競技場に到着できます。

帰りは野津田車庫16:55発なので、14時キックオフで16時終了と考えても15分あれば停留所まで歩いていけるので、十分すぎるくらい余裕があります。

posted by TM at 02:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。