2010年09月12日

【J特】ナビスコ杯準々決勝 川崎対鹿島 感想 予想外の展開

9/8に行われましたナビスコ杯準々決勝、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ戦の感想を。

この日は台風が接近しており、開催が危ぶまれましたが、試合は予定通り開催となり、普通どおり仕事を終え、18時過ぎに会社を出て等々力競技場に到着した時には選手入場と言う状況でした。

GK:相澤
DF:森、菊地、宏樹、小宮山
MF:稲本、横山、田坂、ヴィトール
FW:ジュニーニョ、黒津

控え:安藤、佐原、谷口、憲剛、楠神、登里、小林

憲剛選手は4日、7日と代表の試合で出場している事から、この日はベンチスタート。ボランチを稲本選手と横山選手が2人の体制でした。

試合は序盤から一進一退の展開が続きます。あいにくの雨の天候で、両チーム共攻守が目まぐるしく変わる中、31分、左サイドヴィトール選手と小宮山選手のパス交換から、最後は田坂選手は決め、川崎が先制します。しかし鹿島も再開直後のプレーで野澤選手からのボール、ゴール前混戦になった所を小笠原選手に決められ、わずか1分で1-1の同点に追いつかれてしまいます。さらに、この一連のプレーで森選手が負傷し谷口選手と交代、田坂選手がサイドバックに下がり、谷口選手を田坂選手のポジションに変更します。

前半は1-1で終了、この時点でトータルスコアは2-3と鹿島が1点のリードです。

準決勝に勝ち上がるためには2点を取りに行かなければ行けない川崎は、攻めながらも点に結びつかない苦しい状態が続きます。すると62分、前日の代表戦で出場したばかりの憲剛選手を投入します。

66分には横山選手のシュートがクロスバーに当たる惜しいシーンがあるなど、なかなか攻めても点が取れなかった川崎でしたが、74分に小笠原選手が2枚目の警告で退場となり、川崎は数的有利な状態になります。

いつもの川崎ですと10人の相手に合わせてしまい結局点が奪えず・・・と言う展開が多いのですが、この日はこの数的有利な状況が功を奏します。78分、ジュニーニョ選手の突破からの折り返しのボールを一旦は鹿島のDFに当たりますがこのこぼれ球を憲剛選手がミドルで突き刺し、2-1、トータルスコアで並びます。

等々力の大歓声で押されるように、川崎はさらに猛攻を仕掛けると、このまま延長戦も見えてきた88分、右サイド田坂選手からのクロス、谷口選手が競り、このこぼれ球にヴィトール選手が詰め、3-1、トータルスコアで4-3と川崎が逆転に成功します。等々力の盛り上がりは最高潮に達し、試合はこのまま終了、3-1、トータルスコア4-3で川崎が準決勝に勝ち上がりました。

得点の直後に失点する悪い流れ、攻めても攻めても点が取れない悪い流れ、この悪い流れを断ち切ったのは途中出場の憲剛選手でした。24時間前に代表の試合でプレーし、当日朝大阪から帰ってきたばかりの「中0日」の強行出場。しかしそのような状況でも流れを変えられる本当に頼れる選手です。2点目のゴールが試合の、いや等々力の雰囲気を一変させた事は間違いありません。

また第2戦がホーム、等々力でやれた事も大きなアドバンテージになったと思います。
posted by TM at 00:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

青春18きっぷ2010夏、期間終了

昨日で青春18きっぷの2010年夏シーズンが終了しました。

個人的には7/23、7/24の名古屋遠征(Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2010観戦)の往復と8/21〜8/22の新潟遠征(Jリーグ新潟対川崎戦観戦)で、1回分は当初は8/28や9/10(昨日)に使用しようと思っていましたが、現状それどころの状態ではないので、結局1回分は余ってしまいました。最も、十分元は取れているので問題はないのですが・・・・

冬の発売に関しては現状未定なのが気になります。廃止の話題も一部で出たようですが、青春18のびのびきっぷとして1982年に誕生してから28年と言う長い間発売してきたきっぷですので、やはり完全廃止は避けてほしいというのが本音です。
ただし、JR各社が高速道路の無料化や1000円策などで、収益が苦しくなっているのも事実で、仮に継続されるとしても消費税導入時以外では初の値上げも避けられないのではないかと思います。

最も、10月から群馬へ行くことが確実な私には使用できる暇があるかどうかも微妙な所ですが。
posted by TM at 00:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

Fリーグ2010 powered by ウィダーinゼリー第5節 府中対神戸 感想 攻め続ける事

会社の件は週末に話は発展すると思うのでひとまず置いておいて、先週日曜日に観戦に言った2試合を振り返ろうと思います。まずはFリーグの試合から。

この日は町田市立総合体育館の町田対府中と時刻がほぼ重なっており、前日までどちらに行こうか本気で悩みました。しかし、墨田区総合体育館には今期2度訪問していますが新しく場所も大変便利な所にあり、錦糸町に住めるものなら住みたいと思いたくなるくらい惚れてしまっていた事、町田がまだ4試合で未勝利の反面、府中は花巻、そして前の週には小田原で湘南を破って連勝と勢いに乗っており、府中と錦糸町の街の勢いに押される形で、気がついたら墨田のアリーナ席のチケットを購入していましたw

GK:村山、梅田
FP:ルーチャイ、上澤、皆本、清水、小山、三輪、河原、伊藤、小野、ベッチーニョ

先発:村山、ルーチャイ、上澤、皆本、伊藤

立ち上がりこそ神戸に攻め込まれる場面が目立った府中でしたが、時間が経つにつれて徐々にペースを取り戻し、何度かチャンスを作るものの、この日は神戸のGK、山田マルコス勇慈選手が大当り。チャンスと言うチャンスを防がれてしまうと7分、神戸は府中のゴール前でファールを貰いフリーキックのチャンスを得ると、この流れで府中のゴール前が大混戦となり、最後は山田ラファエルユウゴ選手に押し込まれ、府中は神戸に先制を許してしまいます。

タダでさえ山田マルコス勇慈選手が当たっていて点を取るのも厳しい状況の中ファールをとられてからの悪い流れで欲しかった先制点を逆に奪われてしまうと言う何とも最悪な流れのまま前半は0−1と府中は1点を追いかける展開でハーフタイムを迎えます。

後半も山田マルコス勇慈選手の当たりは止まらず、府中は何度攻めても、何度チャンスを作っても跳ね返されてしまい、ボールを持つ時間は長いものの、得点をなかなか奪えない状況のまま時間だけが過ぎていきます・・・

この最悪な流れを1つのシュートで断ち切ったのはやはりチームの顔、上澤選手でした。30分、コーナーキックから後に帰ってきたボールを強烈なミドルシュート、これが神戸の選手に当たって軌道が変わり、府中は1−1の同点に追いつき、それまで静まり返っていた体育館もようやく盛り上がりを見せてきました。

これで完全に勢いを取り戻した府中は33分、この試合全体を通じて最もシュートを多く放ちながらもなかなか点に結びつかなかったべっ地ーニョ選手がドリブル突破からゴールを奪い、わずか3分で府中は2−1と試合をひっくり返し、体育館もこの日一番の盛り上がりを見せました。

神戸は残り試合時間が4分を切った所でここまで再三好セーブを見せてきた山田マルコス勇慈選手に代わってFPの須藤選手をGKとしてパワープレーを開始します。

しか同点から逆転と試合の流れは完全に府中に傾いており、その勢いは止まる事はありません江下。38分、小山選手がボールを奪うと神戸の無人のゴールへ向けてロングシュート、これが決まって3-1.これで勝負あり。試合は3-1で府中が勝利しました。

神戸のGK、山田マルコス勇慈選手の本当に再三にわたる好セーブの前に点が奪えず苦しんだ府中でしたが、それでも諦めず攻め続けた事が結果的に同点、逆転に繋がりました。この試合のMOMはやはり悪い流れを1つのシュートで断ち切ったチームの顔、上澤選手、そして試合に敗れはしたものの再三好セーブを見せてくれた山田マルコス勇慈選手の2人です。

府中の墨田区総合体育館の試合はこの1試合だけと非常に残念ではありますが、その1試合の中でも府中に対する大きな声援は府中市立総合体育館に勝るとも劣らない大声援でした。

試合終了後にはアリーナ席の特典、選手・監督との即席の握手会が行われました。中村監督のあんなに嬉しそうな表情は今まで見たことがありませんでした。
posted by TM at 01:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

新職場の問題点

頂いた10/4(予定)からの勤務場所を見ると、東武線の某駅付近にある巨大な工場の一角。期待していた熊谷からのバスのルートは利用禁止と言う事が分かり、少なくとも太田か工場の近く(遠くても館林くらいまで)で住居を決めなければいけません。

等々力競技場のフロンターレの試合の場合、館林だと22時代半ばまで武蔵小杉にいられるが、太田や小泉などは21時代が終電。日曜日のナイトゲームは見ることが出来ません。

ゼルビアやペスカドーラなどは日中の試合が多いので、日程さえ合えばいけないことはないのですが、往復の交通費が1日3000円を越す事になり、今までの数倍の費用がかかる為、やたらめったら行くことは出来なくなります。

青春18きっぷなどの大型旅行も今後は制限される事になるでしょうし、趣味面はこれまでどおりには行かない事になります。

既に来シーズンの年間チケットの申し込みもまもなく始まり、この辺も早めに話にケリをつけないとクラブにも迷惑がかかりますし・・・
posted by TM at 03:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう後戻りは出来ない

会議は18時30分頃から始まり19時前に終わりました。

結局、今回の転勤について私が異論を申し立てられる状況ではありませんでした。

明日には10月以降住む住居の方向性を出せ、17日には現地の仕事を視察、10/1から10/3の3日間で移動して19/4から新職場での仕事を開始と、こちらの考えどころか話はどんどん進んでいっています。

現地の仕事や環境を1度も見ていないのにいきなり家を決めろだ、転勤は決定だ、などと個人の事情を完全に無視した会社側の一方的な行動には正直困惑しています。

本社サイドからは以前上司だった取締役役員の方の直々のご指名と言う事もあり、これはこれで断ると取締役の顔に泥を塗る事になってしまい、心苦しいですし、それは結果として支店長が本社から怒られることにもなるので、それで支店全体の空気が悪くなってしまうのは避けたい所ではあります。

しかし現状は横浜に残る灰色決着は出来ず、群馬へ異動するか今の会社を辞めるかの2択しか選択肢はありません。親にこの件を話そうと思っても、家に帰る時間が遅いので、私が家に帰ってくるころには寝ていて話が出来ません。

今、私は未だかつて感じた事がなかった大きなプレッシャーに押しつぶされそうです。

未知の土地での1人生活に対する不安。新たな人とうまくやっていけるかの不安。親から離れる事への不安。
プライベートが今以上に制限される不安。そして今のメンバー、横浜、相模原、いや神奈川から離れる不安。

それを今誰にも相談できずに、1人で抱え込んでしまっていて尚一層苦しい状況になってしまっています。

金曜日には相鉄に乗るのに間違ってきた通路から入って大回りになったり、ありえないミスを次々と犯し、このことを考える度に泣きたくなったり気持ちが悪くなったりします。

精神的に参ってしまっている事は明白です。(仕事でメンタル系のクリニックへ行くのでその辺の事情は良く分かる)

日曜日のスポーツ観戦で多少は気持ち的には楽になりましたが、やはり今日になって、さらに本社の幹部の方を前にしての直接対談で体はガチガチに固まってしまいました。
posted by TM at 03:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

まもなく運命の会議が始まる

自分の今後を決める大事な会議がまもなく始まる。

決まった後に後悔はしたくないので自分の意見考えはぶつけようと思う。

個人的な話になってスミマセン。
posted by TM at 17:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり自分は相模原市から離れられない

昨日の試合の感想は夜にでも改めて書き込みます。

さて、本日は転勤に関する大事な打ち合せが夕方からあります。
金曜日にこの事を上司に話を頂いてからいろいろ考え悩みました。
しかし、自分にはやはりスポーツ観戦がないとやっていけない事が昨日改めてわかりました。
会社側は応援するチームを変えろ、と言う話になるかもしれませんが簡単には出来ません。
それに長年神奈川県相模原市に住み、色々なユーザーをまわり、
フロンターレやペスカドーラ、ゼルビアを知ったのも相模原市や職場だったから。
父も還暦を越え、先月は約1ヵ月近く入院したばかりで、 今私が相模原市を離れる訳には行きません。

今回の話はなかった事にして頂くように話をしようかと思っています。
posted by TM at 07:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

【J特】天皇杯2回戦本日開催!

本日9/5(日)はサッカー天皇杯2回戦が全国各地で開催されます。
2回戦からはJリーグチームも参加し、全国各地の予選を勝ち上がってきた高校、大学、アマチュアクラブ、JFL勢とJリーグチームの戦いなどいろいろな意味で楽しめる天皇杯ではありますが、私個人的な注目カードをいくつか・・・

ベガルタ仙台対ソニー仙台【ユアスタ】

この両チームの公式戦の対戦はベガルタ仙台の前身、「ブランメル仙台」時代にさかのぼり、何と12年ぶりという仙台ダービーになります。両チームのサポーターは今夜はワクワクして眠れないのではw

ヴァンフォーレ甲府対松本山雅FC【小瀬】

中央本線ダービー、甲信越ダービーとでも呼びましょうか、松本山雅のサポーターが大挙してあずさで甲府へ乗り込んでくるに違いないこのカード。好勝負が期待できそうです。

清水エスパルス対Honda FC【アウスタ】

同じ静岡県に本拠地を持つプロとアマのチームの対戦。日ごろから顔を合わせる機会も多い両チームがどれだけの試合をしてくれるのか・・・?

佐川印刷SC対京都サンガFC【西京極】

こちらは京都府同士のプロとアマチームの対戦。印刷は年に数回大当たり(大量得点)があるだけに勢いに乗ると止められないチームなだけに、京都も簡単には勝てないのでは。

川崎フロンターレ対鹿屋体育大学【等々力】

9/8(水)のナビスコ杯準々決勝第2戦まで中2日しかない強行日程の中行われる天皇杯。水曜日の試合を見据えて、しかしプロとして試合は当然大差で勝たなければいけない難しい舵取りを任される高畠監督の手腕に期待。

そして何より
東京ヴェルディ対FC町田ゼルビア【西が丘】

正真正銘の東京ダービー。5年連続天皇杯は初戦敗退のヴェルディとクラブ史上初の天皇杯出場権をJFL前期3位のシード権で獲得してゼルビア。ゼルビアは天皇杯の予選がないため、約1ヶ月試合間隔が開き,天皇杯と今後のリーグ戦残り試合の為に大事な試合になります。J2リーグのチーム相手に自分たちの力がどれだけ通用するのかを図る事もでき、勝ち上がればおそらくJ1リーグ、アルビレックス新潟との対戦になるであろう試合。


ざっと注目しただけでもこれだけ面白そうな試合が全国各地で行われるわけです。お近くの方はぜひ試合を見に行っていてはいかがでしょうか。個人的にはどれだけ格下のチームが勝ちあがれるか注目しています。
posted by TM at 01:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は仕事の事は忘れてサッカー、フットサル!

本日も夜遅くまでの仕事でサッカー日本代表戦は結局会社で少し見るだけに終わりました。

月曜日には本格的な転勤についての話が夕方にもあるので、心のモヤモヤは晴れませんが、今日はサッカー天皇杯とFリーグ(フットサル)観戦で疲れた体を癒しに行く事にします。(応援したら疲れると言う突っ込みは無しでw)

フットサルの方は散々迷った結果、やはり墨田の試合は今シーズン1試合しかなく、4月にオープンしたてで既に2度訪問していて錦糸町の街が大好きになったので、府中対神戸の試合、アリーナ席で観戦することにしました。

サッカー天皇杯ですが、正直まだ決めかねていますが、おそらくFC町田ゼルビアの試合に足が向かうのではないか・・・と思いますw

posted by TM at 01:07| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

まさかの転勤予告

本日、仕事中に突然上司に呼ばれ、一体何の話かと思いきや、そこで上司が話した発言に私は耳を疑いました。

「10月1日付けで群馬へ転勤」

・・・

・・・

・・・

余りに突然の言葉にその後の上司の言葉を全く覚えていない位、驚きました。

その後横浜から二俣川へ行くのに間違って相鉄へ向かうには遠回りになるきた通路に入ってしまうなど、普段ではありえないミスが次々と起こりました。

今、私の心の中はものすごい動揺しています。今日の仕事もどこか手に付かない、1件1件に対してもう二度とこの客には来る事はないのか、と思うとユーザー先に行くたびに悲しくなりました。

詳細は週明け月曜日に本社の幹部が直々に横浜へ来られて直接説明をするとの事ですが、正直どうしたらよいのか分かりません。

ただ、今神奈川で30年以上住んで、仕事も神奈川県を中心に回り、神奈川県の為にいろいろ尽くしてきた感があり、神奈川県から離れる事に一番動揺があるのは事実な様です。
posted by TM at 23:20| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。