2011年05月01日

小田急、2011年度設備投資計画を発表!

毎年春の恒例行事となっている鉄道各社の設備投資計画。特に車両の動きに関しては個人的に注目しています。
小田急の設備投資計画が4/28に発表になっています。

車両面では、60000形「MSE」を4両編成1本、6両編成1本を増備が計画されており、個の増備が完了するとMSEは6両編成4本、4両編成2本の32両体制となります。

通勤型車両は4000形が1本増備される他、3000形の中間車が12両の製造が計画されています。また、8000形4両編成3本のリニューアル工事も計画されています。

2008年3月のダイヤ改正で、10両編成の運用が増えたことから、3000形は昨年度、6両編成2本が10両編成へと生まれ変わりましたが、今年度も同様に3本が6両編成から10両編成になることになります。

この他、南新宿駅の10両編成対応工事、東北沢〜梅が丘間の複々線化工事、D-ATS-Pの導入工事、愛甲石田駅のホーム上屋の設置工事、そして新宿駅4,5番線ホームに可動式ホーム柵

ホームドア

の設置も計画されています。ついに小田急もホームドアの設置に動き始めたようです。
posted by TM at 23:06| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ第8節 名古屋対川崎 感想 ?な結果

SKE48のコンサート昼の部を終え、栄でいったん休憩の後、瑞穂陸上競技場へ向かいました。川崎としては今シーズン初めてのアウェイゲーム、対名古屋グランパス戦です。

GK:杉山
DF:田中、井川、菊地、小宮山
MF:柴崎、稲本、登里、中村
FW:矢島、山瀬

控え:相澤、實藤 、横山、田坂、ジュニーニョ、小林、久木野

16分に稲本選手、28分には名古屋の闘莉王選手が負傷で交代するなど両チーム負傷で選手交代と言うアクシデントに見舞われたこの試合、34分と82分にケネディ選手からのボールを玉田選手に合わせられて0−2。川崎は前節の仙台戦に続く連敗となりました。

前節仙台戦でシュート数6本に終わった反省からか、前半立ち上がりから積極的にシュートを打つ姿勢が見られましたが、ゴールには至らず。逆にカウンターやロングパスから個の力で崩されてしまい失点してしまいました。

試合終了5分前くらいから徐々に川崎のサポーターが競技場の出口へ足を運ぶ光景を見て悲しくなりました。

個人的には個の試合開始前から試合中に入ってくるSKE48コンサートの夜の部の曲目やメンバーを聞いてショックを受けました。聞きたい、見たい曲やメンバーがすべて夜だったことに試合結果とあわせて深い悲しみのまま夜行バスで東京へ帰りました。

東京に5:30についてしまったので、いったん家に帰って11時前くらいまで休憩した後、再び家を出発しました。サッカーと関係なくなるので、ここからは別記事にて。
posted by TM at 16:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。