2011年05月23日

Fリーグ2011シーズン日程発表!

本日、Fリーグ2011 powered byウィダーin ゼリー の日程が発表されました。今年は7/30(土)の開幕で、最初の会場はもちろん聖地、代々木第一体育館から始まります。集結戦はこのほか大阪、船橋で予定されています。

今年の日程で特筆されるべきところは、町田と府中が町田市立総合体育館を同じ日にホーム会場として使用するミニ集結戦が当初から2つ組まれている事(大阪と神戸も1つ組まれている)、開幕年以来の私の地元でもある相模原市立総合体育館での境川決戦のカードが組まれた事などです。

ペスカドーラ町田は11試合を町田市立総合体育館で(うち2試合は府中との共同ホーム開催)、相模原市立総合体育館で1試合を行います。

東京府中アスレティックFCは墨田区総合体育館で2試合、町田市立立総合体育館で2試合(町田との共同ホーム開催)、府中市総合体育館で7試合、駒沢体育館で1試合を行います。昨年度設定されていた駒沢屋内球技場での試合はないようです。

posted by TM at 23:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/12 SDN48「誘惑のガーター」公演 二宮悠嘉さん卒業 その時、劇場は

時は少したってしまいましたが、5/12のSDN48「誘惑のガーター」公演について書き込みます。

前日にまさかの当選の連絡を受け、この日は仕事が休みだった為、昼まで爆睡w、笑っていいとも!を見て体を作って17時ごろに秋葉原に着くように橋本から京王線〜都営新宿線のルートで岩本町から徒歩のルートで行きました。

チケットを購入すると番号は20番台、しかし当選したときに限ってくじ運が悪い私は今回も半分を過ぎても呼ばれず、後ろから5番目の入場でした。当然座席はあいているわけもなく、新たに設けられたステージに向かって左側のお立ち台スペース前の立ち見スペースを確保しました。

私はこれまでAKB48劇場には3回入場していますが、いずれも研究生主体の「シアターの女神」公演、時折見に来るスクリーン観戦も全てシアターの女神公演。つまりシアターの女神公演以外を見るのは初めてでした←

その為、以前全国握手会で聞いた事がある「孤独なランナー」以外の曲は全く分からず、さらにメンバーも後述の二宮悠嘉さんを始めほとんどのメンバーは分からず、唯一知っているのはAKB48出身の小原春香さんだけでした←←

メンバーも曲も始めてばかりの公演でしたが、曲数が少ないせいかあっという間に唯一知っている曲「孤独なランナー」まで来ました。唯一知っていて歌える曲、それまでの鬱憤を全て解き放つかのように全力で歌って踊ってMIXを打ちました←←

そしてAKB48の「誰かのために」、新曲「愛、チュセヨ」も終わり、最後の挨拶・・・と思われたその時、涙声で「ちょっといいですか」と声を上げた一人のメンバー。それが二宮悠嘉さんでした。
既にこのしゃべり始めから悲しい意味での涙声の状況に、メンバーも観客もロビーで見ている人も、最悪の結末を想定した人は多かったはずです。私も「嘘であって欲しい」と思いつつ、その後を見守りました。しかしその後二宮さんの口から出た言葉は

私、二宮悠嘉は本日5/12を持ちまして

SDN48を卒業します

でした。

状況から何となく想像は出来ましたが、いざこの言葉を聞くともう言葉にならないくらいショックを受けました。

私は先に書いたとおり、この日のメンバーで知っているのは小原さんだけで、二宮さんは今日始めてあって、以前から面識があったわけでもありません。しかしその後ひたすら「ごめんなさい」を繰り返す彼女の見て自分は涙が止まりませんでした。なぜかは自分でも分かりません。ただ、大事なメンバーが1人いなくなる、明日にはもう会えない、理由があるとしたらこれだと思います。

お立ち台で派手ににぎわっていた客は座り込み、その後言葉を発する事はありませんでした。

楽しかったはずの公演は一転、悲しい別れの場になってしまいました。その後の政見放送や新曲のVTRも全く記憶にないくらい、ただただ涙が止まらない状況でした。

最後のハイタッチでは小原さんに声をかけると笑顔で返してくれました。それが唯一の救いでした。二宮さんは列の最後で、一人だけ間隔をあけられた形で配置されていましたが、ハイタッチは1人3秒と粘れないので、二宮さんに言葉を伝える事は出来ませんでした。

エスカレーターを降り、秋葉原駅に向かうころ、自分の中では二宮さんに一声もかけられなかった悔しさ、自分が見に行った公演でまさか卒業者が出るとはと言う驚きなど、複雑な心境でした。

翌日の仕事にも影響が出るくらい、精神的に受けたダメージは言葉では表現する事が出来ない大きかったです。さらに、帰りの電車の中で、AKB48研究生の牛窪沙良さん、山口菜有さんの2人の6月の握手会をもって活動終了の記事を見て、さらにショックを受けました。

加入と卒業を繰り返すAKB48。いつ自分が好きなメンバーが突然卒業するか分からないという見えない恐怖との戦いでもあるのかもしれません。この日限りはその闇の部分をすべてみてしまった気がします。

posted by TM at 22:48| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。