2009年11月17日

サテライトリーグ 川崎対湘南 感想

11/16(月)に行われたJサテライトリーグ、川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ戦の感想を。

この日は平日の13時からのゲームと言う事で、仕事は休暇をとってゆっくり直前まで休んで試合開始15分ほど前に等々力競技場に到着しました。

この試合の川崎のメンバーは

GK:相澤
DF:森、寺田、小椋(ユース)、登里
MF:木村、養父、山岸
FW:黒津、杉浦、矢島

控え:安藤、萩間(ユース)、大高(ユース)、岩渕(ユース)、仲川(ユース)

ナビスコ杯の一件でリーグ戦、天皇杯の試合を自粛している森選手がこの日は本職の右サイドバックでスタメン出場、80分プレーしました。
登里選手は本職ではない左のサイドバックでの先発(後半山岸選手とポジションを前後入れ替え)となりました。

試合は3分、コーナーキックから杉浦選手が押し込み、プロ3年目でようやく初ゴールを決めます。前半15分までは静かな立ち上がりの多い川崎ですが、この日は開始早々に得点を挙げた川崎がその後も有利に試合を進めます。途中湘南がボールを支配する時間もあった物の、スコアは1-0と川崎リードで後半を迎えます。

迎えた後半、57分に右サイド森選手からのクロスボールを杉浦選手がこの日2点目となる得点を決め2-0と川崎は2点をリードします。

72分には右サイド、再び森選手の突破から黒津選手にパスが渡り、湘南の選手がペナルティエリア内で倒してしまい、川崎はPKのチャンスを得ます。
このPkを黒津選手が自ら決めると、直後の74分には左サイド木村選手からのボールを黒津選手がシュート、これはポストに当たりますが跳ね返ったボールがGKに当たりそのままゴールへ吸い込まれ、黒津選手が立て続けに2得点を上げ4-0とします。

試合はこのまま4-0で終了、川崎が力の差を見せ付けた結果となりました。

平日の昼間の開催と言う悪条件の中、824人の観客が集まったのは上出来ではないでしょうか。

ユースの選手も、トップの選手も前日の試合で出ている選手や不慣れなポジションでの選手がいながらのこの結果は十分評価できる内容と言って良いでしょう。

試合終了後の出待ちでは、登里選手が90分試合をして疲れているはずなのに多くの人とサインや写真撮影に笑顔で応じている光景が印象に残りました。
森選手には一際大きい声援が出ていたのも印象的でした。本人がどう受け止めてくれたかは不明ですが少しは励みになったのではないでしょうか。

最後に、湘南の選手達はマイクロバスで等々力に来ていました。サテライトで経費をあまりかけられないとは言え、今日はトップチームがバスを使う予定はないはずで、何もそこまでしなくても・・・と思いました。
posted by TM at 03:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133131332
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。