2009年11月24日

全国地域サッカーリーグ決勝大会、予選リーグ終了

世界一厳しいトーナメント(?)の通称を持つJFL昇格をかけた第33回全国地域サッカーリーグ全国大会の予選会が11/21から11/23まで3日連続で各地で行われました。
全国から集まった14チームと社会人大会を勝ちあがってきた2チームの計16チームを4つのグループに分けて各グループ1位のみが決勝大会へ進めるというこの過酷な大会、今日で予選リーグを終え、4チームが勝ちあがってきました。

A組は、東北リーグ所属でJリーグ昇格を狙うグルージャ盛岡と関東リーグを勝ち上がってきた神奈川県のY.S.C.C.が2勝同士で直接対決となり、Y.S.C.C.が勝利し、勝ち上がってきました。JFLに昇格すれば町田から見れば隣町で行きやすいですねw

B組は、同じく関東リーグから勝ち上がってきた日立栃木ウーヴァスポーツクラブが2勝1PK負けの勝ち点7で勝ち上がってきました。
最も厳しい組といわれたC組は、現JFL所属のFC琉球の最大のライバル、九州リーグの沖縄かりゆしFC、川崎フロンターレと先日天皇杯で対戦した中国リーグのレノファ山口FC、そして天皇杯で浦和を破り、このトーナメントにも社会人大会を勝ちあがって参加している松本山雅FC、東海リーグを勝ち上がってきた浜松大学の4チームの争い、浜松大学以外はどこが勝ち上がってもおかしくはない大接戦、この組を制したのは松本山雅FC。この組での3戦3勝での通過は見事です。

D組は松本山雅FCと同じく社会人大会を勝ちあがりこのトーナメントに参加しているツエーゲン金沢。2勝1PK勝ちの勝ち点8で堂々の1位通過です。

勝ち上がった4チームは12/4から12/6までの3日間、アルウィンで再び3日連続の戦いに挑み、1位と2位が来期JFL昇格、3位は入れ替え戦の予定です。ただしこれは来週のJFLの全試合が終了し、J2昇格が何チームになるかによって異なります。昨年は栃木、岡山、富山の3チームがJ2に一気に昇格したため、この決勝大会3位までJFL昇格が可能になり、FC町田ゼルビアもJFL昇格を果たすことが出来たわけではありますが、今年は現在北九州の4位以内が確定しJ2昇格がほぼ決定、一方鳥取は最終節の結果次第という状況、下の方は三菱水島FCが今シーズン限りのJFL撤退を決めており、鳥取がJ2に昇格すれば入れ替え戦は行われず、3位までJFL昇格という可能性もあります。鳥取がJFLに残留した場合は決勝トーナメント3位のチームが現在JFL17位の刈谷との入れ替え戦と言う事になるでしょう。
posted by TM at 02:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133743567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。