2009年12月13日

Fリーグ第17節 町田対北海道 感想

昨日行われたFリーグ第17節、ペスカドーラ町田対エスポラーダ北海道の試合の感想を。

仕事も休みだったこの日は、16時キックオフと言うことでのんびりと14時頃家を出発、OKストアで食料の買いだめwをした後、横浜線で成瀬へ向かいました。
体育館へ向かう途中のローソンでチケットを買おうと思っていましたが、ロッピーを公共料金の支払いで占領する人がいたので、直接会場で購入しましたw

この日の町田のメンバーは石渡、森谷、ジャッピーニャ、金山、滝田、横江、狩野、マルキーニョス、原、大地、篠崎、藤井の12選手です。

1stセットはジャッピーニャ、金山、マルキーニョス、藤井の4選手、2ndセットは森谷、滝田、横江、狩野の4選手、先発GKは石渡選手で、原、大地、篠崎の3選手は出番がありませんでした。

試合は開始3分、水上選手が抜け出して北海道が先制、13分には仲川選手が自陣から放ったロングシュートが直接決まり、前半は北海道が0-2と言うスコア以上に内容で圧倒していました。

しかし後半、町田は横江選手とマルキーニョス選手がセットを入れ替えると、これが当たります。21分にGKと1対1となった森谷選手が決めてまずは1点を返すと、直後にマルキーニョス選手が混戦から押し込み同点、1分後には狩野選手も得点を決め開始からわずか2分で町田は3-2と試合をひっくり返し、体育館もこの日一番の盛り上がりを見せます。しかし北海道も30分に鈴木選手の得点で3-3と追いつきます。

試合は同点のまま時間だけが過ぎていく展開になります。そして残り4分を切った所で町田はタイムアウトを取ります。いつものように藤井選手をGKとしてパワープレーに出るのかと思いきや、この日はパワープレーはしませんでしたが、このタイムアウトから1分後、町田はジャッピーニャ選手の得点で再び4-3と勝ち越しに成功します。

再び1点を追う展開となった北海道は菅原選手がGKのユニフォームに着替えてパワープレーを開始しますが、マルキーニョス選手が自陣でボールを奪うと北海道の無人のゴールめがけて押し込み、5-3とし、これで勝負ありました。

町田が5-3で勝利、3試合ぶりの勝利で勝点を34に伸ばしました。

試合の分かれ目となったのはやはり後半開始のメンバーの入れ替えでしょう。マルキーニョス選手が2ndセットに入ることで攻守のバランスが取れ、なかなか攻め手が無かった2ndセットが3点を立て続けに取った事が勝利に繋がったと思います。
posted by TM at 18:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。