2009年12月15日

年末年始の予定を再検討中

12日に川崎フロンターレが天皇杯で残念ながら敗れてしまい、今シーズンの全日程が終了したため、サッカー関連の予定は2月のACLが始まるまではFリーグのみとなるので、改めて年末年始の予定を考え直していますw

青春18きっぷの購入は既に決定してはいるのですが、一番考えているのが元旦の日の予定です。今年は先述の通り。JR東日本の正月パスが発売されない事が既に決まっており、いろいろ想定していたルートが全て組めなくなっており、正直路頭に迷っている状況になっていますw
正月パスが使えないとなると、必然的に青春18きっぷで動くか、近場の予定で済ますかのどちらかしかないと言う事になります。

ここ2年間は伊豆初日の出号に乗車していましたが、これも正月パスで伊豆急行が乗り放題であることから乗車していたのです。(伊豆急線全線で片道1500円越えますからね)
青春18きっぷ+伊豆急行線内精算で乗車しても良いのですが、そこまで負担して行くくらいなら別のルートに・・・とも考えてしまいます。

初日の出と絡めたルートはいくつか想定しており、江ノ島、房総半島、銚子(犬吠崎)の3箇所を候補として考えています。

まずは江ノ島。行くとなれば恐らく5年ぶりくらいになります。同じ神奈川県内と言うこともあり、初日の出だけを目的とするなら費用的にも安く済むというメリットもあります。難点は横浜線が終夜運転をしていないので、動いているうちに町田まで移動するか、京王で新宿を回っていくか、都心に滞在していてロマンスカーで向かうか、いずれかの手段をとらなければいけないことがあります。

次は房総半島。東京湾フェリーの船上からみる初日の出コース、こちらは江ノ島のさらに前、6,7年ぶりくらいになるでしょうか。パスモでも乗車できるようになっており、以前に比べて利便性は格段に向上してはいるものの、東京湾フェリーはアクアラインの値下げなどで利用者が減っており、現在は週末以外は2隻での運行となっており、元旦も例外ではありませんが、元旦のみ久里浜発の便を日の出の時間に合わせて6:40出航としており、この辺はやはり長年日の出を見る為の利用者がいるから東京湾フェリー側もそれを承知の上でダイヤを変更してまで対応してくれている事への感謝の気持ちを込めて久しぶりに乗船してみたいと考えています。最も、その後どうするんだ、と言うところはありますがw

最後は犬吠崎・こちらは未だ言った事がない私にとっては未開の地ですw銚子電鉄を利用してと言う事になりますが、伊予鉄道からの移籍車両によって置き換えられる700形、800形にとっては正月輸送が最後の花道になる可能性が高いからです。仮にその後イベントをやってくれたとしても、FリーグやJリーグのスケジュール上、いけるかどうか分からないと言う所もあります。このルートも行きは特急を塚わら図を得ない為、費用的な問題があります。

どのルートもよい所と悪い所があり、悩む所です。
posted by TM at 02:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。