2010年01月19日

JR東日本、お得なきっぷを大幅見直しへ

JR東日本が、お得なきっぷについて大幅に見直すことが発表されています。今回は、新幹線回数券も大半の区間が廃止されるなど、かなり大規模な見直しとなっています。大半は廃止、区間変更などが主体ですが、高崎線特急料金回数券など一部新設されるものもあります。

その中でも一番話題になっているのが土・日きっぷの3月いっぱいでの廃止と、新たに4月から設定されるはウィークエンドパスです。

土・日きっぷは大人18000円で特急の自由席も乗り放題、指定席も4回まで利用可能なフリーパスタイプのきっぷでした。
今回新たに設定されるウィークエンドパスは大人8500円と一見して安いように思えますが、乗れるのは普通車自由席のみで、グリーン車や全車指定席の列車、特急、新幹線に乗車するには別途券が必要になりました。

使い方次第では青春18きっぷよりお得な面もあります。たとえば、上越国境や碓氷峠、山形線など新幹線と在来線があって在来線の列車の本数が少ない区間で、青春18きっぷの場合は乗車券と特急券が必要なのに対してウィークエンドパスは特急券だけで新幹線に乗車ができます。

・・・とは言っても例えば新潟や仙台、山形、新庄などから東京へ来られる方には土・日きっぷの廃止は大きなダメージですね。そのうち自治体などから抗議でも来なければ良いですけどw
posted by TM at 23:50| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、別料金化(新幹線・特急・急行普通車自由席及び座席指定列車等)を含まない事には納得できません。「三連休パス」「土日きっぷ」「青森・函館フリーパス」毎年元日使用限定「正月パス(昨年度2010年元日使用限定及び今年度2011年元日使用限定は発売を見送りとなった)」等は(新幹線・特急・急行普通車自由席及び座席指定列車等)を含め乗り放題でしたが、「スリーデーパス」「ウィークエンドパス」「北東北・函館フリーきっぷ」と昨年から始まった「ふるさと行きの乗車券」等は有料列車の自由席の乗り放題と座席指定席券の4回制を含まなくなり旅行者の負担は更に膨らみ上がり、これじゃまるで悪徳商法としかいい様がありません!!
JR東日本のお客様相談センターへ苦情を申し込むか、国民消費生活センターに相談するしかありません。
Posted by GOZIY at 2010年12月17日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138803598
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。