2010年03月15日

Fリーグ2009シーズンを振り返る シュライカー大阪

続いてはシュライカー大阪。

今シーズンの補強は何と言っても超攻撃的GKのイゴール選手とFリーグ界の「エビちゃん」ことエビーニョ選手。特にこの2選手は気になっていたので、よく大阪の試合は見に行きましたねw

イゴール選手と言えば攻撃的GKの象徴みたいな存在です。これまで、大分の青柳選手など前に上がるGKは何人かいましたが、イゴール選手は第9節、府中戦で1人で16本のシュートを放つなど、フィールドプレーヤー顔負けのシュート数を放つなど、言葉悪くなりますが青柳選手がかわいく見えるくらい攻撃的なGKです。

しかしその一方で守備面の貢献も忘れてはいけません。リーグ最小失点、27試合中6試合で無失点など、守備合っての攻撃のチーム名だけに、攻守両面で活躍できるイゴール選手はまさに理想の選手補強だったと言っても過言ではないと思います。

一方エビーニョ選手はチーム1の12得点を挙げ、攻撃面で活躍しました。しかし、大阪は彼と松宮選手などと他の選手の得点が大きく離れており、名古屋のように誰でも点が取れるようになればもっと上の順位へ行くことは可能だと思います。

posted by TM at 22:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143732218
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。