2010年03月15日

Fリーグ2009シーズンを振り返る バサジィ大分

続いてはバサジィ大分。

このチームの特徴は先のエスポラーダ北海道同様、チームワークに優れていることと、リーグで一番平均年齢が若い生き生きとしたチームであることが特徴です。若手とベテランがうまくミックスしたチームでもあります。

攻撃的GK・青柳選手、19歳の清家選手を始め、パワープレーも仁部屋選手・江口選手など複数の選手がこなすことが出来、相手チームにとっては誰が出てきてもいやらしい存在だったはずです。

それに何と言っても監督が奇策の持ち主として知られるスーパーマリオ館山マリオ氏。開幕戦のズッコケFKには会場全体がどよめいたのは今でもよく覚えています。またやってくれないかなw

posted by TM at 22:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。