2010年03月15日

Fリーグ2009シーズンを振り返る ステラミーゴいわて花巻

続いては、ステラミーゴいわて花巻。

2年連続最下位、今年も選手の入れ替えを慣行したものの、やはり他チームとの戦力差は歴然としており、勝利はわずか4試合。引き分け5試合、敗戦が18試合。しかし、後述の東京府中アスレティックFCと最終節で順位が入れ替わり、3年連続最下位はかろうじて免れたと言った所でしょうか。

花巻で一番名前を挙げたい選手はやはりGKの肥沼選手。彼の好セーブが無ければ、チームは確実に最下位だったと思います。監督の岡田サントスジオゴ氏はシーズンで2回の退席になるなど熱血漢溢れる監督でした。昨シーズンまでは町田の選手だっただけに、なんともいえない感じがしました。(オーシャンアリーナカップでは笑顔で話に応じてくれましたけどw)
posted by TM at 23:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。