2010年03月30日

武豊線が電化へ

武豊線が、2015年春に電化されることがJR東海から発表されました。

電化が決まった背景には、さまざまな理由があるとは思いますが、挙げられるのは

・愛知県内のJR線で唯一非電化の路線で、このために気動車を用意しなければならない。
・名古屋との直通需要があるが、これも武豊線が非電化のため気動車で運転しなければならない。
・高山本線のキハ40系統が老朽取替えの時期に来ているため、近い将来置き換えの気動車の車両が必要になる。

これらを総合的に考えて、武豊線を電化し、東海道線や中央線などと共通の車両を使用できるようし、現在武豊線で走っているキハ75を高山本線へ移籍するのがコスト的に安く済む、という事になったようです。

尚、武豊線の電化に伴い、今年度から3年計画で120両の新製が予定されている313系、さらに武豊線向けに28両が追加で製造されるようです。また、2008年末に武豊線向けに導入をすると発表されていたキハ25形については、製造は中止せず予定通り導入するが、他の路線で使用するようです。

武豊線が電化されることで、たとえば大垣から新快速豊橋・武豊行き、大府で分割、なんて事も理論上は可能になります。まあこれはあくまで妄想レベルですが、武豊線は元来名古屋との直通需要がある路線なだけに、終日名古屋まで来る事も電化されればダイヤ上支障はなくなりますから、実現すればかなり便利になりますね。

キハ75になる高山本線も大幅に便利になりますね。岐阜から高山まで、普通列車で3時間以上、のんびりキハ75に揺られての旅なんて想像しただけでも凄いですね。

個人的にはキハ75になる高山本線の方が注目ですがw
posted by TM at 08:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145091890
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。