2010年07月26日

Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2010 町田対北海道 感想

続きましては第2試合、個人的にはメインとなるペスカドーラ町田対エスポラーダ北海道の試合。

北海道には昨年3試合で2勝1分と負けがない町田。しかしここ大洋薬品オーシャンアリーナでは未だに勝ちはおろか40分での引き分けもないという相性の悪さ。昨年も一昨年も初戦で敗退していると言う悪循環を抜け出したい所でしたが・・・

この日の町田のメンバーは 原、森谷、市原、甲斐、金山、横江、大地、篠崎、鈴木、藤井、永島、稲田の12選手です。

ジャッピーニャ選手は3月の全日本選手権・府中戦の退場の処分で、滝田選手は家族に不幸があったとのことで試合前から主力2選手を欠いてのプレーとなった町田でしたが、試合中に更なるアクシデントが発生してしまいます・・・

町田は開始5分、藤井選手がゴール前で得たフリーキックを意表をついてそのまま直接押し込み、幸先良く先制点を挙げます。しかし8分、篠崎選手が一発退場となり、町田は2分間数的不利な状況に追い込まれます。しかしここはタイムアウトを取って落ちついて守りきった町田が1-0とリードして前半を終了します。

後半5分、右サイドからのパスを受けた金山選手が押し込み2-0と町田は2点をリードします。

ここまではどう考えても町田の勝ちパターンでした。

しかし北海道は7分に嵯峨選手がミドルシュートを決めて1点を返すと、8分にはフリーキックからの流れで仲村選手に決められ同点とされると、9分には室田選手に左サイドからの流れで押し込まれてわずか3分足らずの間に町田は2-3と逆転されてしまいます。

9分には大地選手がこの日2枚目の警告で退場となり、町田にこの試合2人目の退場者が出て、町田のサポーター席も過熱、私自身もたまたま近くで見ていた花巻のジオゴ監督に止められるなどヒートアップしていましたw

残り5分を切った所で町田は藤井選手がGKのユニフォームに着替えてパワープレーを開始しますが、残り1分を切った所で辻選手に無人のゴールに押し込まれ2-4となり力尽きました。

試合は北海道が4-2で勝利、町田はまたしても大洋薬品オーシャンアリーナで勝てずに終わってしまいました。

2-0の場面までは完全に町田のペースでしたが、2-1となった嵯峨選手のミドルシュートが一気に試合の流れを180度変えてしまい、町田はそれに対応できずにあっという間に逆転を許す形となってしまいました。篠崎、大地両選手の退場で2回も数的不利な状態となったのも試合を苦しくしてしまいました。

Fリーグ開幕戦は大地、篠崎の両選手を欠いた状態での開幕となり、再び苦しい状態でのスタートとなりますが、選手達は試合終了後にすぐに監督の呼びかけで反省会を開いたようですから、Fリーグはきっと結果を出してくれると信じています。

試合終了後、落ち込んでいる所を大分のスーパーマリオ館山マリオ監督に声をかけられました。「最初から全てが完璧な所はない、まだまだこれから」と言うお言葉でした。本当に有り難いお言葉でした。今更ながら、ありがとうございました。

さて、この日は2試合を終わって、町田の試合も終わったので別に帰っても良かったのですが、せっかく1日4試合が見れる、またこの日の夜行列車で帰るのでこの日は1日名古屋に滞在する予定としていたので、悔しさを堪えながらも残り2試合を観戦しました。
posted by TM at 01:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157445246
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。