2010年07月26日

Fリーグ大洋薬品オーシャンアリーナカップ2010 大阪対湘南 感想

第3試合は前日の浦安との試合に勝利した湘南ベルマーレと前年度王者のシュライカー大阪の対戦でした。

試合開始早々、大阪のGKイゴール選手の豪快なシュートで幕を開けたこの試合、先手を奪ったのは大阪でした。4分、ゴール前でフリーキックのチャンスを得ると、これを林選手が直接押し込んで先制します。その後はスコアは動かず、前半は1-0で大阪のリードで終了します。

後半になると、両チームのGKが高い位置まで上がってより攻撃的になりますがスコアは動かず時間だけが過ぎていきます。

大阪は残り7分以上を残して5ファールとなり苦しい展開となり、直後から湘南は豊島選手がGKのユニフォームに着替えてパワープレーを開始します。

そして試合の残り時間が2分になろうとした所で、思わぬアクシデントが発生します。何と、火災報知機が作動したのです。試合の方は最初は続いていましたが、安全確認のため流れが切れたところで一旦中断となりました。

数分間中断の後、試合は再開されましたがスコアはこのまま動かず、1-0で大阪が勝利しました。

大阪が1チャンスを生かしてそのまま逃げ切り勝ちと言った感じのゲームでした。湘南は前日の試合で負傷しこの試合を欠場したボラ選手の不在が結果的には大きく響いた形となりました。

尚この火災報知機の作動は誤りで、火災はおきてはいませんでしたが、火災報知機の作動で空調が止まると言う二次災害的なトラブルも発生し、大洋薬品と名古屋オーシャンズがお詫びの印としてうちわを配布すると言う出来事がありました。そのため、この後行われた第4試合は、応援代わりにうちわを叩く人が目立ちましたw
posted by TM at 02:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157447130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。