2010年09月23日

相模金子駅で受けたショック

今日は仕事で久しぶりに御殿場線に乗車しました。と言っても相模金子〜松田の1駅を片道だけですがw

某所で仕事の後、厚木へ向かおうとしていた時、時間的に合ったので御殿場線の相模金子駅へ向かいました。駅は住宅街を抜けた所にあり、ホームに立ち線路側を見ると山の上に聳え立つ巨大な要塞建物が。

大井町のシンボルでもある第一生命大井本社が見えます。

現在でもこの第一生命多い本社には3000人近い方が勤められており、大井町の税収入や富士急湘南バスの収入の大半を占める、両者にとっての命綱とも言える場所です。

御殿場線からも見えますので、旅行とかで行かれた方はぜひご覧になってみては。ローカルな町にこんな巨大な建物が、と驚かれると思います。

さて、それはさておき相模金子駅に到着して一言。

券売機がないし乗車駅証明書もない。

湘南モノレールには全駅券売機があるし、相模線の入谷も券売機はないけど乗車駅証明書はある。

しかし相模金子駅には何一つそのような物が存在しない

・・・最初は言葉が出ませんでしたw

まあ1駅だけですし、来た列車は車掌が乗っている3両の列車でしたし、松田は有人駅ですから「相模金子〜乗車しました」と言って料金を払えば無問題なわけですが・・・

せめて乗車駅証明書の機械くらいは設置したら・・・と思うのですが、ワンマン列車なら降りる時に、車掌が乗っている列車で無人駅で降りればその場で料金をしはらう形なので別にそんな物がなくても・・・と言う考えなのでしょうか。
posted by TM at 03:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。