2011年05月01日

小田急、2011年度設備投資計画を発表!

毎年春の恒例行事となっている鉄道各社の設備投資計画。特に車両の動きに関しては個人的に注目しています。
小田急の設備投資計画が4/28に発表になっています。

車両面では、60000形「MSE」を4両編成1本、6両編成1本を増備が計画されており、個の増備が完了するとMSEは6両編成4本、4両編成2本の32両体制となります。

通勤型車両は4000形が1本増備される他、3000形の中間車が12両の製造が計画されています。また、8000形4両編成3本のリニューアル工事も計画されています。

2008年3月のダイヤ改正で、10両編成の運用が増えたことから、3000形は昨年度、6両編成2本が10両編成へと生まれ変わりましたが、今年度も同様に3本が6両編成から10両編成になることになります。

この他、南新宿駅の10両編成対応工事、東北沢〜梅が丘間の複々線化工事、D-ATS-Pの導入工事、愛甲石田駅のホーム上屋の設置工事、そして新宿駅4,5番線ホームに可動式ホーム柵

ホームドア

の設置も計画されています。ついに小田急もホームドアの設置に動き始めたようです。
posted by TM at 23:06| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。