2011年05月29日

東急、5/23から大井町線の急行運転を再開

東急は、電気の供給量が3月に比べて徐々に回復してきた事を受け、5/23から新たな節電ダイヤを組みました。

大きく変わったのが大井町線で、平日の朝夕のみの運転だった急行が、日中も運転される事になりました。6両編成の為各駅停車で使用できない6000系は震災の日から車庫で眠る日々が続いた車両も多かったのですが、これでようやく大半の列車が稼動する事になりました。

しかし運用区間は溝の口〜大井町でもなければ二子玉川〜大井町間でもありません。なんと、

長津田〜大井町

なのです。

そうです、長津田〜二子玉川間は現在節電の為本数をカットされている田園都市線の急行の穴埋めをする形で運転されているのです。

長津田〜溝の口間の6000系の営業運転は通常ダイヤでは休日の朝と夜に限られており、日中に、平日も休日も長津田〜溝の口間で6000系を見ることが出来ます。
posted by TM at 01:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205338331
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。