2011年06月06日

6/4、1日初台 〜ホシカゲ尽くしの1日〜

6/4(土)は、1日初台にいました。

目的は、初台Thedoorsで行われた2つのライブ、12時スタートの「GIRLS MUSIC BATTEL 1000 SP!! 」、18:30スタートの「星のオトメ歌劇団第4回単独歌唱公演」です。

初台は私にとっては橋本から京王線で乗り換えなしで1本で行ける非常に便利な場所、さらにこの初台Thedoorsは駅からすぐなので、列車を降りて5分もあれば行ける立地条件にも恵まれた場所です。

12時のライブ開始に備えて、橋本を11時過ぎの列車で出発、乗った列車は先日このブログで紹介した「各駅停車 新線新宿行き(調布から新線新宿まで急行、新線新宿から各駅停車本八幡行き)の列車です。いろいろな意味でこの列車は非常に使い勝手が高い列車です←

初台に到着したのが12時少し前、相変わらず時間ギリギリ行動ですがライブが開始時刻ぴったりで始まった事がないのも良く知っているので全く心配はしていませんでした←

事前に購入していたチケットでドリンク代300円を払って入場、12時のライブは複数のアーティストが出演するので当然の如くアーティストの指名をしなければいけませんが、この日は夜の単独ライブを含めて1日星のオトメ歌劇団を目当てに来たので、迷いなく「星のオトメ歌劇団」と指名して入場しました。

既に家を出発するときから星のオトメ歌劇団のTシャツを着ていますから←←←

12:05頃、少し定刻より送れてライブがスタート、と思いきや出てきたのはホシカゲファクトリーのメンバー達。1日欠席のいとうみるくさん、夜のライブから参加の水谷瑠奈さんと北島ミキさんを除く5名が登場してきました。どうやら本日のライブの司会だったようです。そして今度こそ1番手の虹色スイッチの登場・・・課と思いきや、再びホシカゲファクトリーのメンバーが登場、そして1曲ドリームトレイン(だったっけ?)を披露しましたw

終演後の物販では、starmarie、星のオトメ歌劇団&ホシカゲファクトリーののべ16人と握手をしてきました。写真などは夜の部があるのでこの昼の部ではとっておきました←

昼の部が終了、この後星のオトメ歌劇団はシークレットイベントがあったのですが私は参加資格がないため、一旦新宿で食事とパチンコをかねた休憩をしてきました←

初台は新宿からわずか1駅、まあ新線新宿駅は他の新宿駅とは離れており、南口には比較的早くいけるものの、西口や東口に行くとなると近くはないので1駅とは言っても結構歩くわけですが。

食事休憩を終え、再び初台へ戻り、18:30スタートの「星のオトメ歌劇団第4回単独歌唱公演」を見てきました。公演時間120分、物販、握手会、写真撮影90分とボリューム満点の公演でした。

今回の公演では6/8発売の新曲とこのカップリング曲を含めた全ての曲が聞けました。歌詞の中に「メリークリスマス」と入っているので冬の時期以外は通常歌われない「怪盗セシルの例外」はライブでは久しぶりに聞きました。

途中のMCでは卒業する藤沢七海さん、湯浅ひろみさんの誕生日祝いがファン主体で行われました。

時間が過ぎ、ライブも終盤に差し掛かろうとしたころ、卒業する3人(先の2人と渡部優衣さん)の挨拶が行われました。最初の藤沢七海さんは途中何度も涙で言葉に詰まる場面があり、ファンもその状況を黙って見守っていました。次の湯浅ひろみさんも終盤に涙で言葉に詰まる場面がありましたが最後まで言い切ることが出来ました。そして3人目、渡部優衣さんはと言うと完全にお笑いと化していましたwまあ、メンバーが好き、ファンが好きと言う気持ちは十分すぎるほど伝わりましたが。

数名のメンバーが泣いている中、1人なぜか必死に絶えていたメンバーが。麻日さんでした。リーダーから「我慢しなくていいんだよ」と言われると、緊張の糸が切れたのか、卒業するメンバー以上に大泣きしていました

そしてこのメンバーで歌えるのも残り数曲となり、終演時間が迫ってくると歌の途中で涙を見せるメンバーも出てきます。「涙の海で抱き締めて」では七瀬由紀子さんが何度も涙で言葉に詰まる場面があり、途中麻日さんが歌ったり、渡部優衣さんに肩を叩かれるなどの場面も見受けられました。この曲は最後のサビの部分を七瀬さんがソロで歌うのですが、途中何度も言葉に詰まっていたので、私は見るに見かねて最前列へ特攻し、彼女の変わりに歌いましたw

そして最後の曲は予想通り「一万年の孤悲」で締めくくり、終演・・・と思いきや、当然単独歌唱公演がこれで終わるはずがありません。ファンの大きいアンコール(ホシカゲコール)に答えて、6/8発売の新曲、カップリング曲、そしてホシカゲファクトリーのメンバーを含め、本当にこのメンバーで歌う最後の曲、やはりこのライブを締めたのは「一万年の孤悲」でした。

こうして星のオトメ歌劇団の第4回単独歌唱公演は終了しました。あっと言う間の、そして忘れられない2時間となりました。

終演後は物販と握手会、撮影会、こちらもいつもより長めの時間が用意され、夜22時過ぎまで続きました。残念ながら、翌日別の仕事で七瀬由紀子さんとMARINさん、16歳未満の為21時以降の仕事が法律で禁止されている吉野海咲さん、北島ミキさんの4人はこの握手会以降のイベントには参加しなかったものの、卒業する3人を含む15人と握手が出来ました。

私は卒業する3人の前では泣く事を予想していましたが、歌っている間に泣いたせいか、3人の前で泣く事はありませんでした。泣いたら悲しい卒業になってしまうし。

そんなこんなで撮影を終えて初台駅に来たのは22時を既に回っていました。橋本に着いたのが23時過ぎ、買い物をして家に帰ると23:30を回っていました。

1日ホシカゲ尽くしだった1日が終わりました。
posted by TM at 01:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208885971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。